FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

トレードスタイル

前回はFXで取引きをする通貨について、どのような通貨があるのか、通貨の特徴などについて書きました。FXを始めるにはどの通貨を選ぶことと、自分のトレードスタイルを決めることも大事なことです。

トレードスタイルは、生活スタイルや性格、資金、為替差益を狙うのか、スワップポイントを狙うのかなどによりどのスタイルがあっているのかが違います。トレードスタイルは投資にかける期間により大きく分けることができます。

●短期トレード 一日~数日の短い期間で取引きを行います。一日で取引きを終了させる「デイトレード」やそれよりもさらに短く数秒~数分以内で取引きを行う「スキャルピング」があります。為替差益獲得を目的とします。小さな利幅を狙うので取引き回数が多くなります。ですからスプレッドが小さく手数料が少ない業者を選ぶ方が良いようです。また常に為替レートを確認しないといけないので時間に余裕がない人には不向きのようです。すぐに結果を求めるような短気な人には短期トレードが向いているようです。

●中期トレード 取引きに数週間~数か月かけます。主に為替差益の獲得を目的とします。ポジションをある程度保有すればスワップポイントも得ることも可能のようです。

●長期トレード 取引き期間が1年以上、長い場合には数年以上をかける取引きです。主にスワップポイント獲得を目的とします。ロスカットを避けるためにレバレッジを低くしておく方が安心です。じっくりと時間をかけるので、結果を急ぐ人には向いていないと思います。

基礎:どの通貨でFX?

今回もFXの基礎のお話をします。しかし基礎といってもFXをする上で最重要といってもいいほどの大切な事です。株はJASDAQやマザーズなどがあり、市場の株の値段で取引をします、一方FXは外国の通貨の値段で取引をします。外国の通貨といってもFXで取引している通貨はある程度きまっています。主流通貨というのは、米ドル、英ポンド、ユーロ、スイスフラン、カナダドル、豪ドル、ニュージーランドドル、ユーロがあります。他にも香港ドルや南アフリカランドなども取り扱っているFX業者もあります。これらの通貨には特徴がそれぞれあります。大きく分けると米ドルやユーロは流通量が多いこともあり通貨の価値として安定しています。それとは逆にニュージーランドドル、カナダドルは流通量も少なめで値段の幅が大きくなります。米ドルなどはに比べて10%ほど幅が多い年もあります。そこはファンダメンタルズ分析やテクニカル分析の基礎を活かしていきましょう。またこの値動きは地理も非常に関連があります。ユーロと英ポンド、日本円と韓国ウォン、米ドルとカナダドル、豪ドルとニュージーランドドルなどは似たような値動きをします。これらは地理的に近いことで経済の交流が盛んだからだそうです。

複数の通貨に投資する場合値動きが似ている外貨は避けて、異なる値動きをする通貨で取引するのがFXでの基礎中の基礎のようです。FXをする上でぜひ参考にしてみてください。

FXの基礎用語と2Wayプライス表示について

前回は、FXスワップに関するロスカットの話を紹介しましたが、FXに関する基礎用語、ちゃんと理解できますか?

株の初心者である友人は、時間を気にしないでも取引がOKなFXに変えようと今、FXの基礎から一生懸命勉強しているようです。

友人はFXだけじゃなくても元々いろいろなことに興味があり、クレジットカード還元率についてもかなり詳しかったので、おそらく基礎用語くらいは完璧だと思います。

今回は、“2Wayプライス表示”というものについて紹介していきたいと思います。「2wayプライス」というのは、売値と買値が同時に表示されてることを言うのだそうです。直訳するとそれっぽい言葉になりますよね。

例えば「100.02-05」だと表示されている場合、100円を02銭で売れます、100円を05銭で買えますという意味になるのだそうです。この2wayプライスを表示することで、FXを行う顧客にFX取引業者がレート操作をしないよう 防止することができるので、安心感を与える事ができるメリットがあります。

こので売れる値段も表示されているので、公平に保つ事ができることになるようですね!基礎を学んでいる初心者の私にとって少し難しいこともありますが、こうやって少しずつ覚えていることが増えると、楽しいものですね!

例えば2wayプライスではなく、外貨を買える値段のみを表示している場合。この場合だと、有利な価格表示へとつり上げる事が可能なので、2wayプライスで売れる値段も表示することによって、公正さを保たれるということになるんですね!本当に勉強になりますね!

ほとんどのFX業者はこの2wayプライスを取り入れているそうなので、安心です。

基礎知識は必要不可欠!ロスカットについて

前回、マージンコールについて説明しましたが、このマージンコールは、あくまでも“証拠金維持率”を超えている注意のことであって、強制的に終了させられるわけではありません。そのまま取引を継続することも可能ではあるのです。

ただし、もしそれ以上損失が進むとなると、強制的に取引を終了させる強制決済やロスカットというものがあります。今回はマージンコールにも関係しているロスカットについて紹介していきたいと思います!

ロスカットは、その他にストップオーダーだとか、ストップロスオーダーとも呼ばれています。

FXの為替取引業者によっては、これ以上の損失を食い止めるためにこのロスカットを自動的に行う仕組みになっているところもあるのだそうです。これは、あらかじめ事前に割合を決めてあって、ロスカットの発動を行う設定を決めるFX業者ももあるようなので、ちゃんと確認しておいた方がよさそうですね!

そして注意が必要なのは評価損が証拠金の金額を越えた時にようやく決済されるということ。このケースではロスカットもかからず問題ではないかと思います。

高率のレバレッジをかけて取引をしてしまったばかりに、思わぬ大きな損失を被るという問題も結構多いはずなので、為替の動きだとか取引の内容に関しては、必ず自分で確認をしてきちんと管理できるようにしておくことが大事です!

このロスカットができるようにならないと、FXの取引で儲けることは不可能といっても過言ではないほど、重要なことのようなので、実践に移してからも基礎をしっかりと忘れずに身に付けておかなくてはいけませんね・・・。

ちなみにこれはFX取引業者が損失拡大を配慮し勝手に行うことなのですが、いいようにとれる人もいますが、悪いように受け取る人もいるので、とにかく自分でしっかりと管理できないようであればやめた方がいいのかもしれませんね・・・。

自動車運転免許で例えるなら、マージンコールが免停で、ロスカットは免取という感じかもしれませんね。(違うか?)

FX基礎:マージンコール

FXの基礎について調べながら紹介してきましたが、今回はマージンコールについて調べたので紹介してみます。

マージンコールについて知っていますか?

FX用語のひとつである「マージンコール」とは、リスクを知らせてくれるものなんだとか。まぁその名の通りなのですが。

FXの基礎であるマージンコールとは、“追加保証金”のことなんだそうです。マージンコールの通称は、“追証”とも呼ばれているようです。

どういったものかと言えば、例えばFXの取引している会社の口座に預けている証拠金から、含み損を差し引いた金額がもし一定水準より下がってしまっているという場合。この時に外国為替業者であるFX取引会社の方からマージンコール(追証)を求められるということです。

いわゆる相場を続けるのか、それとも相場から退場してしまうのか、というこちら側の意思をFX取引会社の方から催促されるいうこと。なんだか基礎から学んでいる初心者にとっては、このマージンコールは焦ってしまうものではないかと思うのですが、また今度FXの経験者にでもいろいろと尋ねてみようかと思います!

そして、マージンコールを求められて、現在のポジションの一部を決済して手続きを取ってみたり、証拠金を新たに追加したりとかしていることで、催促されることはなくなるのだそう。

ちなみにこのマージンコール(追加保証金)の「一定水準」というものは、一体どのくらいだと思いますか?実はこのマージンコールも、FX取引仲介業者によって違ってくるのです。一律というわけではないんですね!

まぁ一般的には、“預けている証拠金の5割”だといわれているようですけどね。

FX取引を行うとなると、1番注意しなければいけないのが、このマージンコールかもしれません。為替を始める初心者の人というのは、できるだけ取引仲介業者から指摘を受けないように、自分のスキルに見合っている資産でコツコツと行っていくことが大事だと思いますよ!

基礎:スワップ②

前回FXスワップについて簡単に紹介していきましたが、スワップに関する大体のイメージはつかめたでしょうか?
スワップの基礎を学んでいる段階でもいいから、とにかく実践することが大事だそうなので、実際に小額から運用してみるといいかもしれませんね!

FXの経験者である先輩曰く、こうしたらいいとか、これがコツだとか紹介しているサイトや書籍などから得る知識も大事だけど、何よりも実践で身につけたほうが分かるといいます。

実践していくうちに、またわからないところがでてきたりするものですから、その都度焦らないでゆっくり学んでいければいいかなと思うんですよね。疑問や悩みをひとつひとつ解決していくことで、FXの投資家としてのレベルがどんどん上がって行くのではないかと!

そして業者についてですが、前にも言った通りこの業者選びも大事なんだとか。

FXには短期トレード派とスワップ派があるそうなのですが、どちらにとってもいい業者とは思わない方がいい問うことですかね!スワップ派にとって非常にいいFX業者であっても、短期トレード派にとってもいいとは限らないでしょうからね。

FXを始めるには、まずはFXの基礎知識から身につけて行かなくてはいけないわけですが、何よりもまず外国為替の情報を常に把握するようにしておかなくてはダメですよね!情報はお金になると父はよく言っていましたが、コレも同じことですよね!?

いち早く情報を取り入れる為にも、まずパソコンが必要です!最近では携帯でも何とかなるものですが、できるだけパソコンがあった方が情報を素早く取り入れることができそうですよね!

実際に最近のFX取引というのは、ほとんどがパソコンで行われているようですし、外国為替の情報を入手するにも、ネット環境が整っている状態でないとキツイかもしれません。

前にも言いましたが、できるだけ携帯でもパソコンでもOKな外国為替業者を探して利用してみるのがいいようですよ!

基礎:スワップ

FXを始める前に、まずFXの基礎知識から身につけているわけですが、FXって調べれば調べるほど奥が深く、難しそうです。

今回はFX用語でもあるFXスワップについて触れてみたいと思います。

聞いたことはありますが、実は私もよくわかっていません・・・。(苦笑)

数あるFXの用語の中でもよく聞くのがこのスワップだと思うのですが、スワップポイントとは、FXで得られる利益のひとつで、2つの通貨の金利差のことを言うそうです。

低金利だと言われる日本の金利は年0.5%。これは皆さんもご存知だと思います。そして米ドルは2.0%、豪ドルは7.25%、ユーロは4.0%、南アフリカランドにいたっては11.5%というかなりの高金利。このような金利差のことを“スワップポイント”というそうです。

FXでは、低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買った場合にそのポジションを維持すると、維持してきた金額と期間分の“スワップポイント”を受け取ることができるのです!

ちなみにそのスワップポイントとは、毎日決まった時間にスワップポイントが加算されるという仕組みで、ポジションを持った日数分をもらう事ができるのだそうです。簡単に言えば長期間持っていれば持っているほど高くなるということですね。もちろんそれなりにリスクはあるわけですが。

金利の高い通貨を買って、それを持っている事でより多くのスワップポイントが入ってくるということになります。このスワップポイントで得られる利益を狙って投資する人が多いのもうなずけます!FXでは、このスワップ派の人が多いそうです!

外貨預金のように、満期にならないと金利がプラスされないものとは違うので、この辺がFXの人気あるポイントなんだと思います!

基礎:レバレッジって何?

FXを始めるには、まずは基礎知識や基礎用語を覚えていかなくてはいけないわけですが、「レバレッジ」という言葉はご存知でしょうか?

FXを始めて間もない人が、最初に悩むのがこのレバレッジだといいます。このレバレッジの意味は“小さな金額でより大きな金額を動かせること”を指しているのだそうです。日常で言えば、安い買い物をしてリサイクルショップで高く売れましたという感じでしょうかね。(違う?(笑))

FXでいうレバレッジとは、預けたお金に対し、どれだけのポジションを作っているかを示す指標なのです。投資家がどれだけリスクがあるかという目安です。このレバレッジが重要だといいます。

FXで最初に失敗する原因は、資金の運用うんぬんではなく、ほとんどの人がこのレバレッジの管理が悪いと言われます。いきなり始めてすぐに高いレバレッジで売買をしていると、リスクが高くなるようです・・・。

例えばですが、1ドル100円として、10万の資金を元手に1万ドル(100万円)の売買をするとします。その際の“レバレッジ”は10倍ということになります。計算式は【100万円÷10万円=10倍】になります。

このレバレッジがもし100倍だとするとどうなるでしょう?それは、たった1万円という格安の資金で運用が可能で、そんなに少ない資金でも、大きな利益を狙える可能性があるということです。だからレバレッジって重要なんですね。

なのでレバレッジを慣れていない最初のうちからいきなり高く設定してしまうと、その分損失も大きくなってしまうので注意とのことです。基礎から学ぶ自分らからしたら、このレバレッジに気をつければ最初は失敗のリスクも少なくて済むということですね!

ちなみにこのレバレッジの上限というのは、各取引会社によって設定が違うそうです。業者によっては大きなレバレッジがかけられる場合もあり、その通りにハイリターンを望むことも可能。ですがハイリターンだということはハイリスクなのでほんの少しの変動で証拠金が不足してしまうことも普通にあり得るので注意してください。

レバレッジは1倍からでもかけられるので、たった1倍であっても充分有利な取引ができるそうです。基礎を学んでいる私達のような駆け出しの人達なら、2倍くらいから~3倍程度で始めると良いとのことです。

経験者である先輩達の言うことは非常に勉強になりますね!

基礎:買いポジションと売りポジション

基礎を学んでいる私がFXの基礎について紹介していくのはおこがましいですが、自分が吸収した知識の復習という意味も兼ねて紹介していきますね。間違っているところがあってもご了承ください。

今回は基礎用語である“ポジション”について。

まず、ポジションとは何かというと、外国為替証拠金取引において、通貨を保有している状態を表わす言葉です。持ち高とも呼ばれます。まだ売らずに保有している状態のことですね。

ちなみに通貨を売っている状態が「売りポジション」で、買っている状態が「買いポジション」と言います。貨の残高のことを表すポジションですが、これは決済して損失利益や損失が確定する前の状態のことをさしています。

通貨を売ってから買い戻す場合と、買ってから売る場合があります。ちなみにロングポジションやショートポジションという言葉もあります。

FXでは、たとえば米ドルを1万ドル買っている状況を、「ポジションを持っている」という風にいいます。

FXでは、まだ自分の外貨を持っていない状態でも、「外貨を売る」状態から運用をスタートすることができます。この知識はFXを始めるにあたって覚えておかなくてはいけない基礎中の基礎です。

外貨を買ってもいないのに、「1万ドルを売っている状況」を作れるわけですね!これを空売りといいます。

このように外貨を売っている状態のことも、やはり「ポジションを持っている」というそうなのですが、空売りの外貨を売る事が可能で、売りから入る場合は1万ドルを売った状態のことを売りポジション、またはショートポジションというそうです。

新しく通貨の売買を行うことを、“ポジションメイク”といい、ポジションを建てることを言っています。このポジションメイクと決済のタイミングが損益を左右することになるのです。

基礎:為替レートと円高・円安について

FXを始めるには、まずはFXの基礎知識から身につけなくてはいけないわけですが、皆さんは円高や円安についてキチンとわかっていますか?

恥ずかしながら私はFXの基礎を勉強し始めて初めて分かりました。今回は私のような初心者の為に、円高と円安について紹介していきます。

まず円高、円安とは、外国の通貨に対しての日本円の価値を表しているのですが、円高になるといい印象を受けますよね。それもそのはずで、輸入業者などにおいて、円高になるということは、海外から安く仕入れることができる為、小売業者や消費者に安い価格で提供できる為、利益が上がり、経済的にも潤うからですね。

1ドルの文房具があるとします。米ドル/日本円の為替レートが1ドル120円から100円きってしまい80円になったとします。そうなると今までなら120円で買えていた文房具が、更に安い80円で買えるということになります。これは小学生が大喜びですよね!!もちろんお小遣いをあげている親にとっても嬉しい話です。

もちろんこれは文房具だけに限りませんが、みんなが嬉しいことになります。円の価値が米ドルに対して高くなることを“円高”と言います。

逆に円安はドルに対して円の価値が下がることをいいます。輸出業者は輸出先の国に安く提供できることから、売り上げが伸びることが予想されるので、儲かる見込みがあるということになります。(輸出業者にとってはメリットですが、輸入業者や消費者にとっては景気の悪い話です。)

要は円高で外貨を買って、円安で外貨を売るという事がFXの儲けの基礎と言えるところです。

経済