基礎:どの通貨でFX?

今回もFXの基礎のお話をします。しかし基礎といってもFXをする上で最重要といってもいいほどの大切な事です。株はJASDAQやマザーズなどがあり、市場の株の値段で取引をします、一方FXは外国の通貨の値段で取引をします。外国の通貨といってもFXで取引している通貨はある程度きまっています。主流通貨というのは、米ドル、英ポンド、ユーロ、スイスフラン、カナダドル、豪ドル、ニュージーランドドル、ユーロがあります。他にも香港ドルや南アフリカランドなども取り扱っているFX業者もあります。これらの通貨には特徴がそれぞれあります。大きく分けると米ドルやユーロは流通量が多いこともあり通貨の価値として安定しています。それとは逆にニュージーランドドル、カナダドルは流通量も少なめで値段の幅が大きくなります。米ドルなどはに比べて10%ほど幅が多い年もあります。そこはファンダメンタルズ分析やテクニカル分析の基礎を活かしていきましょう。またこの値動きは地理も非常に関連があります。ユーロと英ポンド、日本円と韓国ウォン、米ドルとカナダドル、豪ドルとニュージーランドドルなどは似たような値動きをします。これらは地理的に近いことで経済の交流が盛んだからだそうです。

複数の通貨に投資する場合値動きが似ている外貨は避けて、異なる値動きをする通貨で取引するのがFXでの基礎中の基礎のようです。FXをする上でぜひ参考にしてみてください。

FXの基礎用語と2Wayプライス表示について

前回は、FXスワップに関するロスカットの話を紹介しましたが、FXに関する基礎用語、ちゃんと理解できますか?

株の初心者である友人は、時間を気にしないでも取引がOKなFXに変えようと今、FXの基礎から一生懸命勉強しているようです。

友人はFXだけじゃなくても元々いろいろなことに興味があり、クレジットカード還元率についてもかなり詳しかったので、おそらく基礎用語くらいは完璧だと思います。

今回は、“2Wayプライス表示”というものについて紹介していきたいと思います。「2wayプライス」というのは、売値と買値が同時に表示されてることを言うのだそうです。直訳するとそれっぽい言葉になりますよね。

例えば「100.02-05」だと表示されている場合、100円を02銭で売れます、100円を05銭で買えますという意味になるのだそうです。この2wayプライスを表示することで、FXを行う顧客にFX取引業者がレート操作をしないよう 防止することができるので、安心感を与える事ができるメリットがあります。

こので売れる値段も表示されているので、公平に保つ事ができることになるようですね!基礎を学んでいる初心者の私にとって少し難しいこともありますが、こうやって少しずつ覚えていることが増えると、楽しいものですね!

例えば2wayプライスではなく、外貨を買える値段のみを表示している場合。この場合だと、有利な価格表示へとつり上げる事が可能なので、2wayプライスで売れる値段も表示することによって、公正さを保たれるということになるんですね!本当に勉強になりますね!

ほとんどのFX業者はこの2wayプライスを取り入れているそうなので、安心です。

基礎知識は必要不可欠!ロスカットについて

前回、マージンコールについて説明しましたが、このマージンコールは、あくまでも“証拠金維持率”を超えている注意のことであって、強制的に終了させられるわけではありません。そのまま取引を継続することも可能ではあるのです。

ただし、もしそれ以上損失が進むとなると、強制的に取引を終了させる強制決済やロスカットというものがあります。今回はマージンコールにも関係しているロスカットについて紹介していきたいと思います!

ロスカットは、その他にストップオーダーだとか、ストップロスオーダーとも呼ばれています。

FXの為替取引業者によっては、これ以上の損失を食い止めるためにこのロスカットを自動的に行う仕組みになっているところもあるのだそうです。これは、あらかじめ事前に割合を決めてあって、ロスカットの発動を行う設定を決めるFX業者ももあるようなので、ちゃんと確認しておいた方がよさそうですね!

そして注意が必要なのは評価損が証拠金の金額を越えた時にようやく決済されるということ。このケースではロスカットもかからず問題ではないかと思います。

高率のレバレッジをかけて取引をしてしまったばかりに、思わぬ大きな損失を被るという問題も結構多いはずなので、為替の動きだとか取引の内容に関しては、必ず自分で確認をしてきちんと管理できるようにしておくことが大事です!

このロスカットができるようにならないと、FXの取引で儲けることは不可能といっても過言ではないほど、重要なことのようなので、実践に移してからも基礎をしっかりと忘れずに身に付けておかなくてはいけませんね・・・。

ちなみにこれはFX取引業者が損失拡大を配慮し勝手に行うことなのですが、いいようにとれる人もいますが、悪いように受け取る人もいるので、とにかく自分でしっかりと管理できないようであればやめた方がいいのかもしれませんね・・・。

自動車運転免許で例えるなら、マージンコールが免停で、ロスカットは免取という感じかもしれませんね。(違うか?)

基礎:スワップ

FXを始める前に、まずFXの基礎知識から身につけているわけですが、FXって調べれば調べるほど奥が深く、難しそうです。

今回はFX用語でもあるFXスワップについて触れてみたいと思います。

聞いたことはありますが、実は私もよくわかっていません・・・。(苦笑)

数あるFXの用語の中でもよく聞くのがこのスワップだと思うのですが、スワップポイントとは、FXで得られる利益のひとつで、2つの通貨の金利差のことを言うそうです。

低金利だと言われる日本の金利は年0.5%。これは皆さんもご存知だと思います。そして米ドルは2.0%、豪ドルは7.25%、ユーロは4.0%、南アフリカランドにいたっては11.5%というかなりの高金利。このような金利差のことを“スワップポイント”というそうです。

FXでは、低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買った場合にそのポジションを維持すると、維持してきた金額と期間分の“スワップポイント”を受け取ることができるのです!

ちなみにそのスワップポイントとは、毎日決まった時間にスワップポイントが加算されるという仕組みで、ポジションを持った日数分をもらう事ができるのだそうです。簡単に言えば長期間持っていれば持っているほど高くなるということですね。もちろんそれなりにリスクはあるわけですが。

金利の高い通貨を買って、それを持っている事でより多くのスワップポイントが入ってくるということになります。このスワップポイントで得られる利益を狙って投資する人が多いのもうなずけます!FXでは、このスワップ派の人が多いそうです!

外貨預金のように、満期にならないと金利がプラスされないものとは違うので、この辺がFXの人気あるポイントなんだと思います!

基礎:FXって何だろう?

FXの基礎から学ぶサイトを作ってみました。
あなたは、“FX”という言葉を聞いた事がありますか?

私の友人にも、今FXを始めてみようと基礎から一生懸命勉強をしている人がでてきました。
そんな友達に触発されて、私もそのFXを基礎から学んでみようと考えている1人です。

まずは、FXについてですが、どういったものかはご存知ですか?

FXとは、外国為替証拠金取引のことで、為替の変動を利用して利益を得る“外貨金融商品”の1つです。
他にも、通貨証拠金取引だとか、外国為替保証金取引とも呼ばれることがあります。

このFXというのは、同じく外貨金融商品である外貨預金などの他の金融商品と比べるとメリットが多いことから注目を集めています。

しかもうまくいけば、時に大きな利益を手にすることもあるので、人気の理由の多くはそれだと思います。

以前、ニュースで取り上げられてたのですが、どこにでもいるような普通の主婦が、「FXで稼いだ4億円を脱税した」なんて言うものがありました。そこらにいるような普通の主婦が4億も脱税なんてFXって一体何!?って思った方も多いかと思うのですが、リスクが少ない株だと思えば分かりやすいかもしれません。

実際には株とは全然違うんですけどね!

自分も基礎を学んでいるところなので詳しくはわかりませんは、説明だけ聞いていると、FXは為替の変動で利益を得ることから、変動の波をつかむのが大変そうだとか、複雑そうだと思われがちです。

でも少しずつ基礎から学んで行けばちゃんと理解できるはずだとおもって今頑張っています。

4億稼いだ主婦のように(脱税はしませんが)なれたらラッキーだな!と思って頑張ってみます。

経済