基礎:買いポジションと売りポジション

基礎を学んでいる私がFXの基礎について紹介していくのはおこがましいですが、自分が吸収した知識の復習という意味も兼ねて紹介していきますね。間違っているところがあってもご了承ください。

今回は基礎用語である“ポジション”について。

まず、ポジションとは何かというと、外国為替証拠金取引において、通貨を保有している状態を表わす言葉です。持ち高とも呼ばれます。まだ売らずに保有している状態のことですね。

ちなみに通貨を売っている状態が「売りポジション」で、買っている状態が「買いポジション」と言います。貨の残高のことを表すポジションですが、これは決済して損失利益や損失が確定する前の状態のことをさしています。

通貨を売ってから買い戻す場合と、買ってから売る場合があります。ちなみにロングポジションやショートポジションという言葉もあります。

FXでは、たとえば米ドルを1万ドル買っている状況を、「ポジションを持っている」という風にいいます。

FXでは、まだ自分の外貨を持っていない状態でも、「外貨を売る」状態から運用をスタートすることができます。この知識はFXを始めるにあたって覚えておかなくてはいけない基礎中の基礎です。

外貨を買ってもいないのに、「1万ドルを売っている状況」を作れるわけですね!これを空売りといいます。

このように外貨を売っている状態のことも、やはり「ポジションを持っている」というそうなのですが、空売りの外貨を売る事が可能で、売りから入る場合は1万ドルを売った状態のことを売りポジション、またはショートポジションというそうです。

新しく通貨の売買を行うことを、“ポジションメイク”といい、ポジションを建てることを言っています。このポジションメイクと決済のタイミングが損益を左右することになるのです。

経済