基礎:レバレッジって何?

FXを始めるには、まずは基礎知識や基礎用語を覚えていかなくてはいけないわけですが、「レバレッジ」という言葉はご存知でしょうか?

FXを始めて間もない人が、最初に悩むのがこのレバレッジだといいます。このレバレッジの意味は“小さな金額でより大きな金額を動かせること”を指しているのだそうです。日常で言えば、安い買い物をしてリサイクルショップで高く売れましたという感じでしょうかね。(違う?(笑))

FXでいうレバレッジとは、預けたお金に対し、どれだけのポジションを作っているかを示す指標なのです。投資家がどれだけリスクがあるかという目安です。このレバレッジが重要だといいます。

FXで最初に失敗する原因は、資金の運用うんぬんではなく、ほとんどの人がこのレバレッジの管理が悪いと言われます。いきなり始めてすぐに高いレバレッジで売買をしていると、リスクが高くなるようです・・・。

例えばですが、1ドル100円として、10万の資金を元手に1万ドル(100万円)の売買をするとします。その際の“レバレッジ”は10倍ということになります。計算式は【100万円÷10万円=10倍】になります。

このレバレッジがもし100倍だとするとどうなるでしょう?それは、たった1万円という格安の資金で運用が可能で、そんなに少ない資金でも、大きな利益を狙える可能性があるということです。だからレバレッジって重要なんですね。

なのでレバレッジを慣れていない最初のうちからいきなり高く設定してしまうと、その分損失も大きくなってしまうので注意とのことです。基礎から学ぶ自分らからしたら、このレバレッジに気をつければ最初は失敗のリスクも少なくて済むということですね!

ちなみにこのレバレッジの上限というのは、各取引会社によって設定が違うそうです。業者によっては大きなレバレッジがかけられる場合もあり、その通りにハイリターンを望むことも可能。ですがハイリターンだということはハイリスクなのでほんの少しの変動で証拠金が不足してしまうことも普通にあり得るので注意してください。

レバレッジは1倍からでもかけられるので、たった1倍であっても充分有利な取引ができるそうです。基礎を学んでいる私達のような駆け出しの人達なら、2倍くらいから~3倍程度で始めると良いとのことです。

経験者である先輩達の言うことは非常に勉強になりますね!

経済