基礎知識は必要不可欠!ロスカットについて

前回、マージンコールについて説明しましたが、このマージンコールは、あくまでも“証拠金維持率”を超えている注意のことであって、強制的に終了させられるわけではありません。そのまま取引を継続することも可能ではあるのです。

ただし、もしそれ以上損失が進むとなると、強制的に取引を終了させる強制決済やロスカットというものがあります。今回はマージンコールにも関係しているロスカットについて紹介していきたいと思います!

ロスカットは、その他にストップオーダーだとか、ストップロスオーダーとも呼ばれています。

FXの為替取引業者によっては、これ以上の損失を食い止めるためにこのロスカットを自動的に行う仕組みになっているところもあるのだそうです。これは、あらかじめ事前に割合を決めてあって、ロスカットの発動を行う設定を決めるFX業者ももあるようなので、ちゃんと確認しておいた方がよさそうですね!

そして注意が必要なのは評価損が証拠金の金額を越えた時にようやく決済されるということ。このケースではロスカットもかからず問題ではないかと思います。

高率のレバレッジをかけて取引をしてしまったばかりに、思わぬ大きな損失を被るという問題も結構多いはずなので、為替の動きだとか取引の内容に関しては、必ず自分で確認をしてきちんと管理できるようにしておくことが大事です!

このロスカットができるようにならないと、FXの取引で儲けることは不可能といっても過言ではないほど、重要なことのようなので、実践に移してからも基礎をしっかりと忘れずに身に付けておかなくてはいけませんね・・・。

ちなみにこれはFX取引業者が損失拡大を配慮し勝手に行うことなのですが、いいようにとれる人もいますが、悪いように受け取る人もいるので、とにかく自分でしっかりと管理できないようであればやめた方がいいのかもしれませんね・・・。

自動車運転免許で例えるなら、マージンコールが免停で、ロスカットは免取という感じかもしれませんね。(違うか?)

経済