基礎:為替レートとは?

FXは初心者にも比較的始めやすい資産運用・投資であることは確かなのですが、全く知識なしで運用・投資をして資産を増やせるほど楽で甘いものでありません。

世の中には楽して儲かる!などといううたい文句がありますが、必ずそれ相応のリスクというものもあるのが現実です。

ですが、基礎から学んで着実に知識と経験を積んでいくことで、いつかFXで1ヵ月に1000万も稼げるようになるのが夢ではないかもしれません。(もちろんそこまでのレベルになると知識や経験だけじゃなくセンスもないといけないでしょうけど・・・)

まずは、FXの基礎である“為替レート”について調べてみたので紹介していきます。

為替レートとは、海外などの外国通貨と交換する際の「取引価格」のことをいいます。、為替相場ともいいます。 外貨の為替レートは、“外国為替レート”または“外国為替相場”と呼びますが、これらのことを総称して“為替レート”という呼び方をすることが多く、これはアメリカのドルが基準になることがほとんどです。

世界経済の情勢や個別のニュースなどに反応して次々と変化していくので、常に世間に目を向けていないと何も分からずにやることになるので、大変です。

ですがその為替レートの変動があるからこそ、取引で利益をあげるチャンスが生まれます!FXは、前にも言った通り株(株式市場)とは違います。買いたい側の買い手と、売りたい側の売り手との双方の間で行われる取引なのです。

双方で取引が成立する事になると、これを“相対取引”と呼ぶのですが、この相対取引というものは、世界中の投資家達が行っているのだそうです。

経済